歯科診療は相談も大事な要素

歯医者さんに行く時は、多かれ少なかれ口の中にトラブルを抱えています。気持ち的にも不安を抱いていることがほとんどです。歯科治療で症状を改善したり、治したりする事は大切ですが、不安な気持ちを取り除くことも大切な要素です。不安を取り除く手段として有効なのは、治療前の相談です。何に不安を感じ、どうして欲しいのか、歯科診療の前にカウンセリングによってそこが明らかになれば、患者は安心して治療を任せることができます。歯医者さんに求められる資質としてもこの点は重要です。患者の口の中だけを見ていきなり歯科治療に入られても、不安は消えません。例え症状がうまく改善したとしても、心は晴れません。まずは患者の目を見て何に不安を感じているのか、どうして欲しいのかよく相談に乗ってあげることが歯科医師にはとても大事です。短い時間で診療を終えることも大切ですがカウンセリングの部分は、患者の立場にしてみるとおろそかにして欲しくない部分です。名医と言われる歯科医師は、治療技術が高いことはもちろん、患者の相談にきちんと乗ってあげるというのも大切な条件です。相談に乗った上で、共に納得した上でその後の方針が決まれば、患者は安心です。

↑PAGE TOP

Menu